2009年05月06日

GWは卓球だ

平野・福原ペア対ドイツの選手だったかなぁ。

福原選手が打ったボールはアウトと審判は判定したけど、
福原選手は、テーブルに当たっていると主張。

審判は認めなかった。

それなのに、ドイツの選手はスコアの所に行って自分達の点数を戻した。
あれは、アウトではなく入っていたと選手が認め、態度で示した。

すごいなぁ。なかなか出来る事ではない。

アナウンサーも言っていたけど、誰だって勝ちたいのに。

私だったら出来るだろうか。
ダブルスだからパートナーに悪くて出来ないかも。

個人戦だったら、出来るだろうか。
日本だったら、日の丸を背負っている。
みんなが応援している。

でも、知らん顔して勝っても嬉しくないかも。
後悔するかも。
どちらを選んでも後悔しそう。

これって、会社だったら内部告発だろうなぁ。
なんか、観念がたくさん出てきそう。

そういえば、小学生の頃、過ちを認めたら、
仲間外れにされた事があるような、ないような気がする。

記憶が定かでない。


内部告発したら仲間を裏切る事になる

悪を見過ごすのは悪い
悪を見過ごさないのは善い
悪を見過ごしてはいけない
悪を見過ごすのは許せない

裏切りは悪い
裏切らないのは善い
裏切りは許せない
裏切ってはいけない

内部告発は善い
内部告発は正しい
内部告発しないといけない

内部告発は悪い
内部告発をしてはいけない
内部告発は許せない

間違いを認めるのは勇気がいる
パートナーに間違いを認めさせる
パートナーに間違いを認めさせないといけない

ウソをつくのは良心が許さない

仲間を裏切ったら制裁される
仲間を裏切ったら報復される
仲間を裏切ったら復讐される
仲間を裏切ったら仕返しされる

制裁が恐い
報復が恐い
復讐が恐い
仕返しが恐い

見て見ぬ振りをする
知らない顔をする
トラブルに巻き込まれたくない
かかわりたくない

正義を貫く
正義を貫かないといけない
正義を貫かないのは許せない
正義を貫くのは善い
正義を貫かないのは悪い

善い行いをする
善い行いをしないといけない
善い行いをしないのは許せない
善い行いをしないのは悪い
善い行いをするのは善い

悪い行いをする
悪い行いをしてはいけない
悪い行いをするのは許せない
悪い行いをするのは悪い
悪い行いをしないのは善い

間違いを認めたら困る人がいる
間違いを認めなかったら同類になってしまう
悪の片棒を担ぐ
知らない間に悪に手を染めていた

仲裁は大変
仲裁はやりたくない
仲裁はしないといけない


かわいい人生を変えたい!現実を思い通りにしたい!方のための講座

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース



posted by ひまわり at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観念浄化ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。