2009年06月25日

時間と慣れ

「ショーシャンクの空に」のDVDを借りてきた。
mixiで評判がよかったし、スピ系の映画だと書いてあった。

主人公は、無実の罪で刑務所に入る事になる。
刑務所での出来事・人間関係などが描かれている。

ある老人は50年間、服役していたが仮釈放になった。
でも、シャバに出るのが恐い。どうやって生きればいいのか分からないと嘆く。

そして、シャバに出て働くが人間関係や世の中の移り変わりについていけず自殺してしまう。


映画の中のセリフで

この塀がくせ者なんだよ。
最初は憎む。そして慣れる。長い年月の間に頼るようになる。


固定観念という枠を自分で作って、自由がないと憎む。
次第に固定観念に慣れ、自我の言いなりになる。
自我の言いなりになっていた方が安全だと錯覚する。


セリフを言った老人も仮釈放になる。
もう一度、刑務所に戻りたくて犯罪を犯そうか自殺しようかと迷う。

でも、この老人は自我の声に勝ち、本当の自由を手に入れた。



この映画は観る人によって、解釈が違ってくるだろう。
そして、時間が経ってから観たら、また感想が違うだろうなぁ。


数年経ったら、もう一度みたい映画だ。



人気ブログランキングへ
応援お願いしますわーい(嬉しい顔)

かわいい5月18日(月)〜8月3日(月)の期間に
インターネット講座「テイクオフコース」を申し込むと
人気教材「たった90分で”お金”と”親友”になる方法」プレゼント!

詳しくは下記をクリック↓



posted by ひまわり at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。